QIプロジェクト|ホーム画面
サイトマップ

 日本病院会のQIプロジェクトは、平成22年度に厚生労働省の補助事業として実施された「医療の質の評価・公表等推進事業」が前身となります。補助事業の終了後、日本病院会会員病院の医療の質を継続的に向上させるプロジェクト事業として位置付けられました。
 平成22年度の事業は30病院で行われましたが、平成23年度は85病院、平成24年度は145病院、平成25年度は226病院、平成26年度は292病院、平成27年度は343病院、そして7年目となる平成28年度は349病院が参加することになっております。
 測定項目は、厚生労働省の事業に参加した折に決定した、患者満足度や入院患者の転倒・転落発生率など11項目から32項目まで増やしてきました。また、平成24年度からは、精神・療養病床を有する病院向けの項目も測定しています。平成28年度は、より精神・療養病床を有する病院に適した項目として、再入院率やインフォームドコンセント実施率などそれぞれ3項目ずつ増やすことになりました。
 QIプロジェクトは、「自院の診療の質を知り、経時的に改善する」ことを目的とし、医療の質を測定、評価、公表するための指標の検討と各病院でPDCAサイクルを病院の運営管理の手法に組み込むことを促す役割を担っています。年1回、参加病院が集まり、医療の質改善の事例を発表していただき、改善のノウハウを共有する機会も設けております。
 より多くの日本病院会会員病院の参加を得て、わが国の医療の質が年々改善してきていることをアピールしてゆきたいものです。

QI委員会・委員長  福井次矢



2015.8.6 病院長・幹部職員セミナー 福井次矢先生講演資料
「Quality Indicator(QI)を用いた医療の質管理」 PDF

※クリックで資料をダウンロードできます。